blog index

WUOC Blog

WUOCの報告用ブログ
<< 2018年07月22日のつぶやき | main | 2018年07月23日のつぶやき >>
WUOC2018閉幕
0

    こんにちは。増澤です。

    先発組は無事に日本に帰ってきました。

     

    本戦5日目のリレーをもちまして、WUOC2018全競技が終了しました。

     

    以下結果を報告します。

     

    女子

    1位 ノルウェーA 1:53:10

    31位 日本A 3:04:22

       (増澤-勝山-盒供

    32位 日本B 4:22:46

       (佐野-山森-村田)

    男子

    1位 ノルウェーA 1:36:32

    32位 日本B 2:31:04

       (伊藤-上島-坂梨)

    35位 日本A 2:38:04

       (南河-種市-大橋)

     

    男子スタート 大砲の音に驚きました。

     

    男女ともに厳しい結果となりました。テレインはロングと同じでしたが、ロングでは使用していない南エリアでの競技でした。最終日で疲労が溜まっているなか、ふかふかの地面に足が上がらず苦戦した選手が多かったようです。

    テレイン全般に関して、コンタ線が5mではなく2,5mで書かれているため、現地は地図で見るよりも拾える特徴物が少なくかなり難易度が高いです。そのため一度現在地を失うとリロケートが難しく、競技中のほんの少しの気の緩みが大きなミスに繋がります。

     

    今回の大会は競技者全員がGPSを背負うということで、LIVE映像も併せて、現地に行かなくとも観戦を楽しめていただけたかと思います。

    競技を終えて、やはりフィジカル面、技術面ともに海外選手との大きな差を改めて実感しました。また普段一緒に過ごすことのないいろいろな大学から構成されたメンバーで切磋琢磨して2週間を過ごし、互いにたくさんの良い刺激を受けることができました。この遠征を通して経験したこと、悔しい気持ちを糧にこれからも競技に励んでいきたいと思います。

     

    たくさんの応援、本当にありがとうございました。

    皆さんの応援が力になりました。

    代表選手の今後の活躍にご期待ください!

     

     

    次回のWUOCは2020年にロシアで開催されます。

    どんなテレインなのかわくわくしますね。

    ぜひ目指してみてください。(私も一応出場資格はあるのでもう一度挑戦してみたくなりました。)

     

     

     

     

    以下全競技を終えての選手からのコメントです。

     

    坂梨(慶應OB)

    すべてのレースで思うように走れなかったのが心残り。jwoc2015に出てから3年が経って技術が上達した感覚があり、今回は力がある状態でフィンランドに来たと思ったが、結果に繋がらなくて残念な気持ちだ。しかしこの1週間くらいオリエンをして、その生活の一つ一つが楽しかった。

     

    南河(名古屋M1)

    オリエンに関して、最初は上手くいかず難しかった。現地と自分のズレを合わせミドルの前半ではトレキャンの成果を出せたが雰囲気がかわった後半にラフにやってしまって20分ほどミスり悔しい思いをした。

    アタックの難易度を下げることに重点を置いたロングでは、立ち止まってプラン、実行ができ、目標としていた順位がとれてよかった。

    リレーでは気持ちが昂ぶりすぎて、頑張りたいという思いが強く、スタ1以降でつっこみ、他の選手につられ、大ミスをしてしまった。おいていかれたことに焦り、自分のオリエンテーリングができず不甲斐ない。

    海外選手との違いは、フィジカル面でももちろんだが、それ以上にこういうテレインに関してのナビゲーション能力の差を強く感じた。

    ユニバ全体に関して、3年の途中から行きたいと思っていた。4月の選考会で通ったものの、メンバーが割と若く、最初は仲良くできるか不安だったが楽しく過ごせた。現役生はユニバの経験をインカレに向けて頑張ってほしいと思う。自分も次のステージを見つけて頑張っていきたい。

     

    伊藤(横浜国立4)

    本戦で実力を出し切れなかった。まだ自分でも何が悪かったかわからない。それでも遠征は楽しかった。

     

    上島(慶應4)

    全体を通してレースは比較的上手くいった。フィンランドのテレインに入った当初は全然できなかったことを考えると、トレキャンを通して日に日に上達していくのを感じた。しかし本戦を終えて思ったことは、フィジカル面もそうだが最終的には基本的な技術がしっかりできていなかったことが顕著に現れるということ。今後は基礎から自分のオリエンテーリングを見直し、環境によらず安定したパフォーマンスを発揮できるようにしていきたい。

     

    大橋(東京3)

    フィンランドのテレインは最初は地形をよく理解できなかったが、トレキャンで森に入っていくうちに海外テレインはこんなに楽しいんだと思った。本戦ではやってやろうという気持ちで臨んだがなかなか上手くはいかず、また機会があればリベンジしてもう一度世界の人たちと戦いたいと思った。

     

    種市(東京3)

    日本で準備してきたことが結果に繋がらなかったのが悔しい。トレキャンでは上手くいかなくて不安だったが、本戦ではそれに比べいいレースができ楽しめた。もしリベンジできる機会があればもう一度挑戦したい。日本のみなさん応援ありがとうございました。

     

    勝山(茨城4)

    今までの海外遠征では走りきったことに満足していたが、今回は自分のレースができなかったことに対する悔しい気持ちが大きく課題がたくさん見つかった。メンバーには同期が多く、良い刺激をたくさんもらった。もっと上手くなりたいとモチベーションが上がったのでこれからもオリエンテーリングを続ける糧にしたい。

     

    佐野(京都女子4)

    昨年の秋インカレ前からスプリントを重点的に対策してきて、ユニバに向けても日本で距離を踏んできた。しかし6月に膝を縫う怪我をして2週間走れず、体力的に不安を抱えたまま遠征に臨むことになってしまった。

    現地でスプリントリレーセレで走ったレースも他の選手との走力差を感じ特にロングは完走できるか不安になった。

    スプリントでは海外選手と並走できて楽しかったが順位が目標としていた全体の半分にいかず悔しさが残った。来年から社会人で今まで通り遠征に行くことはできないが、後輩の指導に生かしていきたい。

     

    盒供陛賈4)

    最初はコンタ2,5mに慣れず、直進があたらなかった。しかしだんだん傾斜や藪が見られるようになり、成長を感じた。レースはミスをしてしまい悔しいが、楽しかった。

    また、他のメンバーと反省を共有していろいろな考えを聞けてよかった。日本に帰ったらさらにオリエンテーリングを頑張りたい。

     

    村田(フェリス4)

    1年生のときに大類さんがjwocに行っているのをみて自分も来年行きたいと思い、よく分からないまま行った感じだったが楽しく終われた。

    しかし今回は悔しい思いが強かった。レース中やレース後いろいろな思いがこみ上げてきて、やりきれない気持ちだった。一方日を追うごとに拾えるものが増えてきて成長は感じることができた。

    メンバーは年齢が近く、kolcも多く安心し、とても楽しかった。ハッピーな2週間でした。

     

    山森(金沢4)

    フィンランドに来て初めて森に入ったときから3日目くらいまではわけが分からなくてサバイバルをしているようだった。自分がそんな状態のなか、みんなが適応していて自分も頑張らなきゃと思い焦った。

    ミドルを完走できなかった悔しさで毎晩うなされた。ロングは気持ちを切り替えて、フィンランドに来て一番いいレースができた。

    2週間一緒に過ごすうちにみんなのオリエンに対する熱意が伝わってきた。ここで満足せず、日本に帰ってもみんなに負けないように頑張りたい。

     

    増澤(筑波3)

    昨年フィンランドで開催されたjwocに出場し来年もまた出たいと1年間目指してきた。しかし実際に走ってみるとコンタ線2,5mでは地形はよめない、直進は当たらないとかなり苦戦した。昨年のテレインよりもつかえるものが少なくより難しさを感じた。

    選考会以降日本で準備できることは頑張ってきて、レースでは良くも悪くも今の実力が現れたと思う。

    今回の経験を忘れずに、これからも頑張っていきたい。

     

     

     

    以上になります。

    ブログを最後まで読んでいただきありがとうございました。

    Kiitos!!

    また2年後に!Moi moi!

     

    女子A

    女子B

    男子A

    男子B

     

    Tampere Cathedral 最後の集合写真

    観光組とのお別れ

    電車と並走するOhashi選手

     

     

    そのほかの写真はこちら

     

    | wuoc | - | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://wuoc.orienteer.jp/trackback/126
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    bolg index このページの先頭へ