blog index

WUOC Blog

WUOCの報告用ブログ
<< Middle Distance (DAY4) | main | WUOC2016スタート! >>
Relay (DAY5)
0
    大西です。

    最終日はミドルと同じprotivanovで会場も同じところでした。
    男子は6.8辧⊇子5.3劼箸いδ垢気妊Εぅ縫鵐哀織ぅ爐話忙厂31分、女子約30分くらいでした。
    平らで走りやすいというところは同じですが、ミドルよりもヤブのエリアが少なく走りやすかったのではないかと思います。
    地図はhttp://wuoc2014.cz/result.html

    日本チームの結果は

    <MEN>
    1. SWE A    Andersson  Rassmus  30.54(1)          93.30
                     Ridefelt  Albin            31.50(4)
                     Sjoberg  Oskar           30.46(1)
    2. CZE A    Nykodym  Milos          32.34(10)        93.56
                     Petrzela  Jan              30.22(1)
                     Kral  Vojtech              31.00(2)
    3. SUI A     Kyburz  Andreas         31.31(3)          94.20
                     Kyburz  Matthias         30.39(2)
                     Hubmann  Martin        32.10(5)
    22(32). JPN A  Osaki  Hirokazu      44.30(41)      127.28
                          Hosokawa  Tomoki  43.17(36)
                          Shimbo  Yoichi        39.41(28)
    (35).  JPN B    Matsushita  Mutsuki  39.23(36)     136.07
                          Takahashi  Yuki        47.36(37)
                          Togami  Naoya         49.08(35)

    <WOMEN>
    1. SWE A   Forsgren  Lilian             30.13(1)       91.29
                     Karlsson  Helena           30.52(7)       
                     Strand  Lina                 30.24(3)
    2. CZE A    Horcickova  Vendula      31.13(5)       91.44
                     Knapova  Jana              30.51(6)
                     Sistkova  Iveta              29.40(2)
    3. FIN B     Nyiittynen  Miia             31.16(6)       92.38
                     Nurmi  Kirsi                  30.13(2)
                     Sianoja  Maija               31.09(6)  
    21(28). JPN A  Takahashi  Mie         44.39(32)     140.23
                          Miyakawa  Saho       50.09(30)
                          Moriya  Maika           45.35(25)
    (30).  JPN B    Yanagawa  Azusa      50.33(34)      174.58
                         Sunada  Risa              65.12(32)
                         Watanabe  Ayako       59.13(29)

    となっております。
    男子はみんな最初の序盤にやぶいエリアに入るところでミスをしてしまった選手が多かったように思います。
    オフィシャルランで走ってみた感想では、足場は非常に走りやすく日本人でも力が出しやすいテレインだと思いました。
    ミドルよりも走りやすいコースとなっていたことを考えると、男子は120%で3人そろえてほしいところです。
    それができると中堅国の仲間入りができるように感じました。
    さらに35分で3人まとめると1ケタ順位がユニバーでは見えてくることもありこのあたりが現実的に達成したい今後の目標だと思います。
    女子はやはり基礎体力の向上と技術力を男子と互角なところまで持っていくのが課題だと思います。
    世界の女子トップ選手を見てみても技術の高さは日本男子を超えると思います。

    2年後はハンガリーのMISKOLCという1986年にユニバーが開催されたところだそうです。
    2年後にさらに良い成績が出せるように学生の全体的なレベルアップを期待したいと思います。

    バンケットはオープンエアーパーティとの名前通り青空会場でした。

    日本の皆さん応援ありがとうございました。

    | wuoc | - | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://wuoc.orienteer.jp/trackback/83
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    bolg index このページの先頭へ